初心者が勘違いしやすいものもあり!現金化申し込み前に知っておきたいこと

パソコンやスマートフォンなど、インターネットと繋がるツールさえあれば、店舗に足を運ばなくてもいつでも好きなタイミングで申し込めるクレジットカード現金化。利便性の良さもあっていざという時の助けになりますが、利用するにあたってはいくつか気をつけておきたいこともあります。
知らずに手続きを行って後悔をすることがないように、しっかり理解しておきましょう。

最大換金率はすべての人に適用されるわけではない

申し込みをする前にまずチェックするのが、現金化業者でそれぞれ異なる換金率でしょう。申し込む金額がそのまま入金されるわけではなく、この換金率に応じて業者の取り分が引かれて残りが振り込まれる形になりますから、できるだけ高いほうがお得です。
しかし、各公式ホームページで確認できるのは、あくまでも条件を満たした場合の「最大換金率」で、すべての利用者に適用されるものではありません。金額にもよりますが、実際のところは手数料や消費税などが引かれて80%から85%程度に収まることがほとんどです。
初心者は最大換金率がそのまま反映されると勘違いしやすいため、必ずオペレーターに確定入金額を確認の上で承諾するように心がけてください。

入金までのスピードも条件によって異なる

手続き開始から最短3分で入金可能、そういったスピードを売りにしている現金化業者が多々ありますが、いつ申し込んでもこの通りに振り込まれるというわけではありません。
まず、初回利用者は必ず身分証の提示が求められるため、本人確認に時間がかかります。最短時間はこの手続きを省略できるリピーターが対象になるものです。
その上で、現金化の申し込みは時期や時間帯によっても利用者数に増減があるため、手続きが数分で終えられるのは空いているタイミングの場合だと考えておきましょう。特に、クレジットカードの利用枠がリセットされる月初めは混み合いやすいことを覚えておいてください。
また、申し込み金額が多い場合も少額利用と比較して振り込みまでに時間がかかりがちです。

送られてくる荷物は受け取り拒否できない

オンライン業者の手続きは家にいながらいつでも行えますし、多くの場合即日換金が可能です。しかし、希望通りに現金が振り込まれてもそれで終わりではありません。
手続き時にはクレジットカードを使って商品を購入しますので、後日、その荷物が届けられます。利用者としてはすでに入金されているため必要のない商品でしょうが、受け取りを拒否することはできません。
買取方式での現金化であれば、受け取った後にもう一度業者に売りに出すという手続きが必要ですし、キャッシュバック方式なら購入した商品の特典で現金がプレゼントされる形になることから、商品を受け取らなければ体裁が成り立たたなくなります。
受け取った後の扱いは自由ですが、この点に注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です