自分で行うクレジットカード現金化のメリット・デメリットとは?

クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を入手してしまおいうという「クレジットカード現金化」

クレジットカード現金化は、今では現金化業者を利用するのが一般的になっていますが、自分で行うことも可能です。そこでこちらでは、自分でクレジットカード現金化を行うことのメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。

自分でクレジットカード現金化を行うことのメリットとは?

自分でクレジットカード現金化を行う方法はさまざまありますが、簡単な方法ではギフト券や新幹線のチケットといった金券をクレジットカードで購入し、それを金券ショップに売却するといった方法があります。

今ではネットで簡単にそれらの金券を購入することができ、近くに金券ショップがあればその日のうちに現金を入手できます。

現金化業者を利用するクレジットカード現金化はその場ですぐに現金を手に入れることができませんが、自分で金券ショップに金券を売却する現金化であればその場ですぐに現金を手に入れることができます。

また、現金化業者によっては悪質な詐欺まがいの業者もいますが、自分でクレジットカード現金化を行えば、そのような悪質な現金化業者に遭遇してしまうこともありません。

自分でクレジットカード現金化を行うことのデメリットとは?

一方、自分で行うクレジットカード現金化のデメリットは、カード会社にバレやすいといったことがあります。

今の現金化業者のクレジットカード現金化は「キャッシュバック方式」というものを採用しているところが多く、カード会社に現金化の事実がバレることがほぼありません。「キャッシュバック方式」とは、現金化業者が指定する商品を購入し、それにキャッシュバックを掛ける現金化の方法ですが、従来の現金化とは違い商品券や金券などを購入する必要がありません。

現金化業者が指定する商品を購入するだけなので、カード会社にとっては通常の買い物としか判断することができず、現金化の事実がバレることが殆ど無いのです。

それに対して、自分で行うクレジットカード現金化は金券や商品券を購入する必要があり、カード会社に目をつけられてしまうリスクあります。。

現金化業者を利用する方が安全に行える!

自分で行うクレジットカード現金化は、その場で現金を入スできたり悪質な現金化業者に遭遇しないといったメリットがありますが、カード会社にバレるリスクが高くなってしまいます。確かに1回や2回といった自分で行うクレジットカード現金化であればカード会社にバレることも少ないですが、何度も繰り返してしまうとやはり目をつけられてしまいます。

カード会社に現金化していることがバレてしまうと、「カードの利用停止」といったペナルティを受けてしまうことがあり、最悪の場合にはその後に新たなクレジットカードを作ることができなくなってしまう恐れもあります。

一方、現金化業者によるクレジットカード現金化であれば、カード会社に現金化の事実がバレることが殆どありません。そのため、クレジットカード現金化は現金化業者を利用する方が安全でオススメと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です